食事中に、「心を落ち着ける」ことで、大きなダイエット効果が得られる

 

 

「最近太ってきた……」と悩んでいる人は、ダイエットを志す必要があります。30歳を越えて、運動をしなくなると、若いころに比べてウエストが太くなっているということはよくあります。運動をし、食事法を変えることで、無駄な脂肪を減らしていく必要があります。

 

特に、食事法を変えることは非常に重要です。その理由として、食事を変えることで、無駄に生産されていた脂肪分をカットすることができるからです。ダイエットにおいて向いている食事としては、糖質の摂取する量を減らす糖質制限ダイエットがあります。

 

ただ、糖質をカットすると、空腹感に見舞われて、結局長続きしないことが多いです。そこで、グルテンフリー食事法にし、体内の内臓組織にかかっていた負担を最大限に減らします。これにより、無駄な脂肪分を発生するリスクを防ぐことができます。

 

さらに、食事法を変える際に、心がけたいことは「食事の摂取するタイミング」です。食べ物を摂取することは、体内であらゆる化学反応が起こります。こうした反応を理解し、内臓に負担をかけない食事法を理解することで、さらにダイエット効果を高めることにつながります。

 

食事はゆっくりと食べる

どのような食べ物を食べるときも、食事はゆっくり摂取するようにしましょう。この理由として、胃に負担をかけないためです。きちんと消化し、栄養分を体内に取り込むためには、胃の消化に対して時間をかけることが大切です。

 

人が物を消化するためには「血液」が必要です。多くの方は昼ごはんを食べた後は、眠くなった経験はお持ちだと思います。なぜなら、ごはんを食べると胃袋の消化活動のために血液が集まるからです。これによって、頭部に流れる血液が少なくなり、眠くなります。

 

つまり、消化するときには、血液が胃に集まります。余談ですが、消化をしている最中氷水を飲むと胃の消火活動が低下します。この理由として、氷水を飲むと、体温が下がり、体温を調節するために血液が使われるからです。そのため、氷水ではなく、室温の水を飲む方が消化反応に使われる血液量を低下させずにすみます。

 

もし、適切に消化をし、胃に負担をかけないためには、ゆっくり食べることが大切となります。速く食べてしまうと、食事を取り込んだ際、大きな塊が胃袋に入ります。この場合、胃袋が消化させる際に、大きな負担をかけてしまう場合があります。

 

そこで、ゆっくり食べるようにします。時間をかけて食べることで、食べ物が口に含む時間が長くなります。これによって、唾液に含まれる消化酵素によって、口の中に含まれた食物を分解してくれます。しっかりかんで、食べ物を細かく砕いてから胃袋に送りこむことで、胃で行われる消化運動が負担なく行われます。

 

このように、きちんと胃に消化するための「準備」をしておけば、余計な仕事なく、栄養分の吸収が行われます。もし、短時間で食べようとすると、口の中であまりかまれない状態で食べ物が胃袋に落ちます。すると、食べ物の分解に多くのエネルギーを使います。

 

消化が遅くなると、体自身が「満腹になった」という信号を出さなくなります。すると、満腹感があらわれず、食べすぎることがあります。ダイエットを志す人は食事する際に、ゆっくり食べるように意識しましょう。消化活動が適切に行われ、栄養分を摂取することができます。

 

食事で心を落ち着けることがダイエットにつながる

次に、食事を摂取する前は、「心を落ち着かせる」ことが大切です。これは、人の消化活動は心と大きく関係があるからです。

 

人は、気持ちが不安になっているとき、イライラしているときは、頭部に血液が集中します。不安感が生じるときは、頭部が酸素不足になり、エネルギーを欲している状態です。その際に、血液で酸素を送り込むようになります。つまり、感情的になっているときは、頭部に多く血液が流れている状態です。

 

このような状態で、食べ物を摂取すると、消化運動がうまく行われません。すると、栄養分の吸収が行われない分、満腹感が低下します。身体に不調を患っている人やダイエットを志す人は、日々の食事を行う際の時間を大切に使うようにしてください。

 

外国では、食事をとる前に、短いお祈りを行う場合があります。あるいは、ヨガの世界では、食欲を抑えるポーズと呼吸法があります。祈ったり、呼吸を行うことで、頭部に集まりすぎていた血流が改善されていきます。こうした内容は、食事を行う際に必要な栄養分を取り込むための準備といえます。

 

そのため、食事前は正座をしたり深呼吸をしたりして、心を落ち着かせるようにしましょう。

 

さらに、食事中にテレビやEメールを見ないようにするのが大切です。その理由として、テレビやEメールを見ると、頭に血液が行き過ぎるからです。食べ物を口に入れた瞬間に消化に使われる酵素が働きます。唾液に含まれる酵素が働くことで、胃袋が消化の準備を始めます。

 

つまり、口に含んだ時点で消化がはじまるのです。この最中に人と話したり、何かを見たりすることは、消化運動を邪魔していることになります。無駄なエネルギーや酵素を使わないようにするために、身体の仕組みを学びながら、食事を行うことが大切です。

 

心をオープンにする

普段の生活における心の持ち方は、食事にもそのまま反映されます。食べるときも同様に心はオープンに、かつポジティブな気持ちを持ちましょう。

 

理由は、気持ちが閉塞的でネガティブな状態で食事をとると、取り込まなくても良い栄養分まで取り込んだり、消化運動がうまく起こらなくなるからです。

 

人は、ネガティブな感情になっているときは、胸周りの筋肉が縮み、血流が低下している状態です。この状態のときに、胃袋に食べ物を送りこむと、通常より消化運動が行われません。気持ちの一つの持ち方で、身体の血流が改善されて、消化に必要な血液量を増やすことができます。

 

昔、東洋医学に関する実験で興味深い実験が行われました。二つのグラスに水を入れて、片方ずつ違うことを行います。一方のグラスには、ポジティブなエネルギーを伝えました。愛、喜び、幸せ、人生におけるあらゆるプラス要素を注ぎます。もう一方には、ネガティブなエネルギーを吹き込みます。怒り、恐れ、敵意といったマイナス要素を吹き込みます。

 

この作業をずっと続けていくことで、二つに変化が表れます。ポジティブなエネルギーを吹きかけたグラスは数日たっても透き通ったままでした。しかし、ネガティブなエネルギーを注いだグラスは緑にくすみ、藻か何かが水中に発生したような様子を見せました。つまり、同じ水であっても、外部から与える影響によって、大きく状態が変わってくるのです。

 

人の体もポジティブなことを考えるかネガティブなことを考えるかで身体の状態は大きく変わります。消化運動を効率よく上げるのであれば、気分は良く、オープンな気持ちを持つことが大切です。そのため、ニュースなどを極力見ないようにしましょう。テレビで放映されるニュースのほとんどが暗いニュースばかりであるため、食事中にネガティブな気持ちをならないようにします。

 

以上のように、食事中における心構えは大切です。心の状態を変えることで、栄養摂取を適切に行えるようになります。こうした積み重ねによって、ダイエットや不調改善にも役立っていきます。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論

関連ページ

ダイエットを成功させるのに注意すべきこと
施設や便利器具を使うほど、ダイエットに成功できなくなる
ダイエット成功に必須な「カロリー計算」の概念
ダイエットを効率よく行うトレーニングの選択法
ダイエット効果の高い「ランニング」で実践すべき3つのこと
姿勢改善、ダイエット効果が上がる「ドローイン」を実践する
ダイエット効果を何十倍に高める武道の考え方
あなたのダイエットがうまくいかない訳:睡眠を見直す
あなたのダイエットがうまくいかない訳:食事を見直す
食欲、脂肪生成を根本から抑える姿勢改善法
初心者でできるプールによるエクササイズまとめ
ダイエット効果をさらに高めるプールでの工夫術:軸を固める
ダイエット効果を引き出すロードバイクトレーニング法:急制動動作
ダイエットの成功率を高める「遅れの法則」について理解する
糖質制限ダイエットの唯一の欠陥
ダイエットにおいてサプリメントを摂取するデメリット
健康的にダイエットするには「小麦グルテン」をやめる
グルテンフリー食事法とはどのようなものか
グルテンフリーにより、自分の取るべき食品がわかる
体内の調節時間によってわかる、適切な食事の摂り方
感情の起伏を食事で抑えて、ダイエットを確実に成功させる
甘い物を食べることで、人体は確実にむしばまれる
ダイエット中に摂取したい甘い物:エリスリトール
ダイエット中は低炭水化物食品にも気を付ける
栄養素の比率計算法とあなたが摂取すべき食品
最高の栄養素である「ケトン体」を理解する
本当に脂質、コレステロールは悪い物質かを検討する
炭水化物を摂取しすぎると運動パフォーマンスが低下する
健康的に痩せるためのグルテンフリー食事法の具体例
甘い物を食べながら、ダイエットや健康体を実現する具体的手法
グルテンフリー食事法により、脂肪の生成が抑えられる理由
小麦グルテンがやめられない理由と対処法
小麦グルテンをやめると、全ての症状と栄養吸収低下を抑えることができる
コンビニ、スーパーでグルテンフリーを行う方法

サイトマップ
HOME