膝関節の組織に必要な栄養素をまとめる

 

仕事をしていて、年齢を重ねると様々な症状に悩まされます。その中でも、膝の痛みに悩まされるのも少なくありません。30,40を過ぎると、筋肉が衰え、関節内の環境が悪くなるため、体の痛みを発症しやすくなります。

 

その中で、膝関節に必要な栄養素が存在します。膝には「軟骨」「半月板」「靭帯」といった膝の動きに関わる組織が存在します。これらの組織を機能するには、必要な栄養素をきちんと理解し、摂取する必要があります。

 

そこで、今回は、膝関節の組織に強い栄養素について解説をしていきます。

 

関節に必要な栄養素をまとめる

世の中には、あらゆる栄養素があります。そして、これらの栄養素の中から、必要なものを選択し、膝関節の痛みをサポートしていかなければいけません。

 

もし、関節内が栄養不足になってしまうと、関節部を酷使され続けるため、磨耗や疲れが生じます。こうした傷ついて痩せ衰えている関節に栄養素を与える事により再生代謝を活性化させます。軟骨や半月板、靭帯の関節組織が本当に必要としている栄養素は、体の組織に存在しているものです。

 

つまり、体の関節、筋肉、血管、皮膚などに存在しているものです。こうしたすでにある栄養素から、膝関節を吸収できるようにすることが大切です。特に、大切にされている物質として、「コンドロイチン」「グルコサミン」と言われています。

 

コンドロイチンは関節が炎症を起こし、関節軟骨が破壊された状態を抑制する作用を持っています。加えて、グルコサミンは軟骨成分の原料であり、軟骨の代謝コントロールし、修復を促す作用を持っています。この二つの物質は、体内で少量でも分泌されています。

 

コンドロイチンとグルコサミンは、「硫酸塩型」と「塩酸塩型」の二種類があります。二つの違いは分子サイズの違いです。コンドロインチン硫酸塩と塩酸塩では、塩酸塩の方が分子サイズが大きいため、化学構造が崩れにくいです。そのため、商品の品質の低下を防ぐことができます。ただ、化学構造が崩れにくいために、体内に吸収されにくいという問題点もあります。

 

ドイツにおいて、関節炎の為のサプリメントには「コンドロイチン硫酸塩」と「グルコサミン硫酸塩」の2種類の硫酸塩が使用されています。複数の臨床研究により、硫酸塩でないと体内に吸収されず、症状の緩和が期待できないこともわかっています。

 

他の栄養素と組み合わせる

そのため、サプリメントにより、膝の症状を緩和したいのであれば、コンドロインチンとグルコサミンの硫酸塩型を選択する必要があります。それに加え、関節ではあらゆる栄養素が関連して利用されています。

 

関節には必要不可欠な栄養素が複数あります。これらがお互いに協力して働きますが、1つでも欠けますと上手く機能しなくなります。つまり、栄養素は単体では働かず、相互作用で働きます。そのため、摂取量が多すぎても少なすぎても症状の緩和につながりにくくなります。

 

また、それらの成分が体内に吸収されてはじめて、症状改善につながります。

 

以下に関節組織に欠乏している栄養素解説します。

 

必要な栄養素 必要量
グルコサミン硫酸塩 600mg
コンドロイチン硫酸塩 500mg
MSM硫黄(メチルサルフォニルメタン)  500mg
カルシウム 200mg
マグネシウム 125mg
ビタミンC 150mg
マンガン 10mg

 

メチルサルフォニルメタンは血液中に含まれる成分であり、牛乳や、穀物、果物、野菜に含まれる化合物です。サルフォニルメタンに含まれる硫黄は人の体で4番目に多く含まれるミネラルです。硫黄は髪、詰め、皮膚、軟骨にも含まれています。

 

メチルサルフォニルメタンはコラーゲン・ケラチンの生成に関与する物質です、軟骨組織はコンドロイチン、コラーゲン、グルコサミンなどが主成分であるため、軟骨組織の栄養不足を補うことができます。カルシウム、マグネシム、マンガンは血液中に含まれるミネラルであり、必要骨の形成や筋肉の活動に必要な物質です。

 

以上の成分を摂取することで、膝関節の組織に必要な栄養不足を抑えることができます。関節の痛みは姿勢や筋肉の緊張の他に原因があります。それが、組織自体の栄養不足による、関節の疲労です。こうした内容を理解し、膝関節の痛みを確実を取るようにしてください。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME