薬による肩の凝りの直す機構と行うべき治療

 

現在、肩凝りは多くの人が抱える慢性病と言われています。厚生労働省が国民生活基礎調査の結果によると、女性では「肩凝り」が1位、男性では「腰痛」が一位の慢性病を抱えているというデータがあります。

 

肩こりに悩まされると、肩のだるさにストレスを抱えてしまうこともあります。そのため、薬や道具を使ってなるべく確実に直すことが大切です。そして、薬の中には、市販で売られている薬と病院で処方される薬とがあります。

 

肩凝りの症状を改善したいのであれば、これらの薬の直す機構を理解し、あなたにとって適切な薬を選択することが大切です。今回は、肩凝りに効く薬の処方箋について詳しく解説していきます。

 

 肩こりの症状を改善する薬のタイプ

肩凝りの症状は筋肉や血流の何らかの異常によって起こります。そのため、あらゆるタイプに分かれます。

 

筋肉には内部にカルシウムイオンと呼ばれるミネラルが存在しています。筋肉内にカルシウム濃度が向上することで、筋肉は収縮します。しかし、筋肉が過緊張を起こしてしまうと、カルシウムの濃度の調節が効かなくなります。すると、筋肉が硬い状態で凝り固まってしまいます。

 

そのため、薬によって改善する必要があります。具体的には、「筋肉の緊張を取り去るタイプ」「血流の循環を促すタイプ」「痛み物質を取り去るタイプ」などがあります。

 

薬の中には服用することで、筋肉をゆるめる作用を持つ薬があります。具体的な成分名として「クロルゾキサゾン」などがあります。肩こりは神経の過剰な反応によって、筋肉の過度な緊張を引き起こし、生じる可能性があります。そのため、筋肉の緊張を取り去ることで、肩凝りの原因を解消できます。

 

あるいは、筋肉が緊張することで、筋肉周辺の血流が低下します。これによって、冷え性や末端部の体温低下が引き起こされます。この場合、血流を促進する薬によって、肩回りの筋肉の凝りを解消していきます。具体的な成分名としては、「サリチル酸メチル」などがあります。

 

さらに、筋肉が凝り固まると、筋肉内に痛み物質を放出されます。これによって、筋肉に「血流が低下している」「栄養分が足りない」といった合図を送ります。こうした肩の筋肉の痛み物質を取り去るタイプもあります。具体的な成分名では「エテンザミド」などがあります。

 

これらの内容を理解することで、肩こりの具体的な原因に適切な薬を選択することができます。緊張して固くなっている場合は、筋肉をゆるめるタイプの薬を選択できます。あるいは、すでに冷え性を患っている場合、血流を改善するタイプの薬を選択することができるでしょう。自分の体の状態と照らし合わせることで、原因を特定してな薬を選択することができます。

 

ビタミンB群による、肩凝り解消の機構

あるいは、肩凝りの薬の中には、ビタミンB群(B1, B6, B12など)の物質を配合したものがあります。ビタミンB系の物質を多く取ることでも肩周りの疲労を回復させることができます。

 

人の体には、「クエン酸回路」と呼ばれるエネルギーを生産するための回路が存在します。この回路によって、人は活動するためのエネルギーを生み出しています。そして、肩や腰がだるくなっているときは、筋肉が疲労しているときであり、エネルギーが足りていない状況といえます。

 

このクエン酸回路には、ビタミンB系の物質が多く利用されます。つまり、ビタミンB群が不足すると、エネルギーを産生するための物質が不足することになるため、身体を動かしたり活動する際に必要なエネルギーが少なくなってしまいます。

 

具体的なビタミンB群は「リポフラピン」「ナイアシン」「チアミン」「パントテン酸」などです。これらの物質はクエン酸回路の反応系に関係する物質です。市販の薬には、「ビタミンB1誘導体(実際のビタミンと化学的構造が似た物質)」「ビタミンB6配合」など、ビタミンB群の物質を取り入れたものがあります。

 

これらの物質と摂取することでも、疲労回復によって肩凝りの解消につなげることができます。

 

継続的な肩凝り解消に運動と体操が必要な理由

ただ、上記に述べた薬の摂取は一時的には解消することはできます。しかし、本質的に肩凝りの解消にはなりえません。そのため、ひどい肩凝りに悩まれている方は運動や体操方法を何かしら一つ持つようにしてください。

 

その理由として、上記に挙げた三つの原因は全て「姿勢が悪い」「筋肉を使っていない」ことから来ているからです。

 

筋肉の緊張も、痛み物質が発生するのも、その周りの血流が滞ることで起きます。薬によって、その症状は改善されることはありますが、一時的にしか、血流を改善することはできません。常に身体の血流が滞った状態は自分が運動したり体を使うことによってしか身につけられないのです。

 

ただ、運動したり体操したりするのは、別に特別なことをする必要はないのです。仕事の合間に少しストレッチしたり、仕事終わりに軽く散歩するなどでも良いのです。このようにして、薬ではなく、自分の意志によって血流を改善していく習慣をつけることで、薬に頼らず、健康的な生活を送ることができます。

 

薬を選択するメリットとしては、肩凝りの具体的原因に直接効かせることが可能です。しかし、本質的な肩凝りの改善には「姿勢を勉強すること」「体操などで体を動かすこと」が大切であると理解しましょう。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME