肩凝りによる腕のしびれの原因と対処法

 

社会人であれば、仕事中に肩や腰がだるくなってしまうことはよくあります。肩凝りは現代、多くの人がかかりやすい慢性病ともいわれており、体の仕組みを学んで対策を行う必要があります。

 

仕事中に肩凝りを患っている人の中で「腕や掌がしびれる」とお話される方もいます。実は、肩凝りに悩まされている人は、腕や掌にも悪い症状を持つ可能性があります。普段の仕事でパソコンをよく使われる方は発症する危険があるため、対処法を学ぶ必要があります。

 

では、肩凝りを患ってしまうと、なぜ掌や腕にも影響が出てしまうのでしょうか?今回はその原因と対策について解説していきます。

 

肩こりによって腕がしびれる理由

肩凝りを患うことで、肩回りの筋肉の血流低下が起こります。これによって、血液中に栄養分が送れなくなったり、老廃物が除去できなくなってしまいます。そのため、痛み物質を発して、「痛い」と感じてしまいます。

 

ただ、肩凝りによって起こる障害はこれだけではありません。肩周辺の筋肉が固くなってしまうことで、腕を動かすための神経を圧迫してしまう危険があります。これによって、腕や掌のしびれを生じてしまいます。

 

人の胸から肩にかけては「小胸筋」と呼ばれる筋肉があります。この筋肉は収縮することで、腕の関節を内旋させることができます。ただ、肩凝りに悩まされている人はこの小胸筋が凝り固まった状態になっています。

 

そして、小胸筋の周辺には、腕に通じる主要な血管や神経が通っています。これらの神経は、小胸筋が固くなることで、圧迫や干渉が生じてしまいます。もし、小胸筋周りの神経が圧迫されると、末端である腕や手に脳からの指令や信号が行きづらくなってしまいます。

 

すると、手が動かしにくくなり、しびれが生じます。あるいは、血管が圧迫されることによって、末端部の血流が低下することで、冷え性を患います。このように、肩凝りになり、小胸筋を固めてしまうことで、腕や掌のしびれが生じてしまいます。

 

 

 

ある部位の機能が低下すると、別の部位の筋肉が緊張する

このように、ある部位の機能が悪くなると、別の部位が緊張することはよくあります。理由は、人の体はあらゆる筋肉が連動して動くからです。

ただ、武道の世界ではさらに深く、筋肉と内臓と神経がそれぞれ供応し、関連して働いていると考えます。つまり、筋肉がいくらゆるんでいたとしても、それを取り巻く神経や内臓に負担や負荷がかかっていると、それにつながる筋肉も一緒に固くなってしまうのです。

例えば、食べすぎると、胃の消化活動に大きく負担がかかります。胃袋に大量に血液が流れ、活動が多いと、胃袋が疲弊します。これによって、消化液の分泌が滞ったり、その表層の筋肉が固くなる場合があります。つまり、胃袋の機能が低下すると、左胸の筋肉が固くなり、痛みが生じます。これを内臓性反射といいます。

もしくは、この逆もあります。普段の姿勢で胸椎(胸の骨)にずれが起こっている場合、それにつながる神経が圧迫されます。すると、それにつながる内臓(胃袋)や筋肉に血液や栄養がいかなくなるため、内臓機能が低下したり、筋肉が固くなったりします。

つまり、身体の不調や内臓、姿勢、神経からくると考えてください。食生活によって、内臓機能が低下して痛みを患う場合もあれば、普段の姿勢が崩れて、神経、内臓機能が低下する場合もあります。痛みが起こってしまった場合は、まず、食生活から姿勢の状態など総合的に見て、原因や対策法を講じていくことが大切です。

 

肩凝りと掌のしびれを取り去るには

そのため、掌のしびれを取り去るためには、肩凝りを解消する必要があります。掌のしびれを取り去るためには、硬くなった小胸筋を取り去ることが大切です。

 

まず、胸の筋肉の柔軟性を取り戻すようにしましょう。まずは、ヨガの世界でいわれる「コブラのポーズ」を取ります。首と胸を後ろに反りかえらせることで、胸の筋肉の柔軟性を高めることができます。

 

次に、小胸筋周りの筋肉を緩めるように指圧をしましょう。まずは、自分の鎖骨を自分でさわってください。自分で鎖骨を触ったなら、鎖骨を挟んだ上下のくぼみ、さらに小胸筋(腕の付け根)を指圧してあげてください。小胸筋が硬い人は、この部位を指圧すると、痛くて気持ち良い刺激を得られます。以上の体操と指圧をしてあげることで、小胸筋の凝りを取り去ることができます。

 

 

 

実際に、当セミナーで行われる姿勢と動作改善のセミナーでは、小胸筋の凝りを取り去るための、体操や肩甲骨の使い方を解説します。受講者はみな、これらの内容を実践したところ、肩凝りやだるさといった症状を改善することに成功し、総合的に成長していっています。

 

小胸筋の凝りを取り去ることは、肩こりの改善のみならず、運動技術向上、健康な身体向上などあらゆるプラス要素があります。そして、腕や掌に痺れが来ている方は、小胸筋が凝っていることを疑うようにしましょう。体の仕組みを学ぶことで、確実に肩凝りや掌のしびれといった症状を改善できます。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME