普段の仕事の能率を上げるコツは「健康」になること

日常生活で健康な体を身につけたいと思う人は多いです。その一方で、少し体がだるかったり、疲れたりしている場合でも、「普通に生活ができるから、そのまま気にせずに過ごそう」と考えてる人もいます。あるいは、時間がなかったり忙しかったりするために、健康のための運動ができない人も数多くいます。

 

身体の健康を損なうことで、生活における意外な部分に悪い影響を与えます。ここでは、人が健康な体を身につけないことによる弊害について解説していきます。

 

体の不調によって、仕事の能率が悪くなる

健康を損ない、体のどこかにだるさや疲れを持った状態が続くと、生活のあらゆる部分に被害が出てきます。例えば、「仕事」です。

 

一般的な企業において、病気などで長期休暇をとる社員はそれほどいません。たとえば、長期休暇をとることがあったとしても、「工事作業での労災で入院すること」や「作業中に心筋梗塞を起こして病院生活を送ることになった」などのように、状況は限られます。

 

ただ、多くの企業で病気ではなく「不調」を抱えて仕事している社員は数多くいます。つまり、日常的に万全といえない状態で働く人がたくさんいるのです。

 

実際にアメリカでは、このような統計が取られています。

 

仕事をするとき、多くの縛りやノルマがあります。会社で「無駄な残業をするな」「能率よく仕事をしなさい」といった注意がされるのは、会社側が「とにかく利益を出し、無駄な支出を減らしたい」と考えるからです。

 

ただ、このようなことをいくら願ったところで、体の状態のどこで不調を抱えていたら、会社側の希望の実現が難しいことがわかります。なぜなら、体調が万全であれば、100の力を出せる人であっても、体が不調になることで70か60しか能力を引き出せないからです。
これでは、いくら時間や仕事を円滑に進められる環境があっても、力が発揮できません。つまり、仕事の能率が体の不調によって落ちてしまうのです。

 

例えば、スタンフォード大学でスポーツ科学の研究・指導をしていた人がある日、大学を辞めて、ある企業の健康管理部門に入りました。その人はそこで、社員の腰痛予防のためのエクササイズを指導し始めました。

 

すると、その人が務める会社では、「社員の体調を万全に近づけよう」と考えるなど健康に対する認識が高まっていきました。さらに、「アスレチックトレーナーを雇う」、「イスを体に合うようにする」といった投資をすることで、結局会社にとってプラスに働くのではと感じたのです。

 

ある投資家団体が、健康管理をしているグループと企業銘柄として上位にあるグループの二つに投資し、どれだけリターンがかえってくるかを比べた実験があります。 その結果、投資リターンが大きかったのは健康管理のしっかりしているグループだったのです。

 

このように、健康による仕事に対する影響は実験によって証明されつつあります。すでに、こうした実験がなされていること自体、会社員の健康管理を見直す意識が高まっている証拠といえるでしょう。

 

 睡眠の異常による作業効率の低下

先ほどと同様のことが、睡眠にも言えます。日本大学医学部は、製薬会社の会社員を対象に睡眠に障害を抱えている人を調査しました。睡眠に問題がある人は、そうでない人と比べて、作業効率は4割も低下、交通事故のリスク上昇(約1.4倍上昇)していることがわかったのです。

 

この結果をもとに、国内の5000万人の労働者にあてはめたところ、睡眠障害による経済の損失は3兆円にも及ぶことがわかっています。この影響は医療費にもかかっており、睡眠を予防するだけで医療費は大幅に節約できるともいわれています。

 

確かに、健康と仕事は結びつきにくい要素です。しかし、健康になることで、自分の普段の筋肉の状態だけでなく、仕事の進め方や取り組み方が変わっていくのは間違いないです。

 

日本人はこのような事実に対して、実際には矛盾した行動をとっています。例えば、残業は美徳と称して長時間の残業を行なわせようとします。工場に行けば、粉塵、騒音にまみれた環境で仕事をさせようとします。

 

こうして、無理に体に負荷をかけさせることによって、社員は健康から遠ざかっていきます。さらに人は理想の姿勢や状態から体が離れると、別の姿勢を作り出そうとする習性があります。すると、理想の姿勢を忘れてしまい、健康状態を改善することが難しくなります。

 

このように、体の不調は仕事の能率を低下させてしまいます。

 

もし、あなたが体に何かしら不調を抱えて、仕事中にだるさを感じているのなら、このような事実を踏まえた上で、自身の生活を新たに見直す必要があります。

 

睡眠低下と運動能力低下によって支払う代償

さらに、睡眠と運動の習慣が悪くなることで、脳に障害が起こることがわかっています。具体的には、脳神経の数が低下することがわかっています。

 

脳の神経繊維低下は、「βアミロイド」と呼ばれる物質と関係しています。脳内に、βアミロイドの量が増えると、脳の神経細胞が低下することがわかっています。このβアミロイドは睡眠不足によって、発生量が高まることがわかっています。

 

そして、脳神経細胞は運動を行うことで増加することがわかっています。実際に、脳神経細胞が極度に低下する病気である「アルツハイマーの治療法として、散歩しながら記憶作業を行うことが挙げられます。適度な運動は、脳細胞の量を増やすために必要な作業といえます。

 

最初のわからない頃には、姿勢維持に役立つ筋肉を覚え、それらを鍛える筋トレから初めてみましょう。普段の生活で健康に必要な筋肉に刺激を与え、仕事に良い影響を与えます。

 

また、最初のわからない頃には、姿勢維持に役立つ筋肉を覚え、それらを鍛える筋トレから初めてみましょう。普段の生活で健康に必要な筋肉に刺激を与え、仕事に良い影響を与えます。


//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME