小麦グルテンがやめられない化学的理由と対処法

 

 

 

健康な身体を構築するには、食事法を変えることが必須です。ダイエットをするにしても、運動技術を高めるにしても、「運動療法」だけでは限界です。食事を変えて、体内の栄養環境を変えることで、脂肪燃焼を促すための体質を構築できます。

 

そこで、私がオススメする食事法はグルテンフリー食事法です。グルテンフリーとは、小麦製品をやめることであり、小麦によって生じていた体内毒素を極限まで減らし、内臓の負担をなくす食事法です。

 

小麦グルテンをやめることで、腸内のカンジタ菌の増殖を抑えることができ、結果として炎症反応をなくすことにつながります。しかし、大部分の人は「小麦グルテン」をやめることができません。

 

実際に、私は健康、運動を含め、食事法を指導する立場にありますが、「小麦グルテンをやめられない」とお話する人は多くいます。小麦加工製品の大半が甘く、おいしいため、一度食べるとやめられなくなってしまいます。

 

ただ、小麦グルテンをやめられないのには化学的な理由があります。それは、小麦グルテンが、脳内でモルヒネと同様の興奮作用を起こすからです。

 

この事実を理解することで、あなたが小麦グルテンの摂取をやめ、健康体、ダイエットを実現する手法について理解できます。今回はその具体的な内容について解説します。

 

小麦グルテンとモルヒネの化学構造が似ている

小麦グルテンはたんぱく質であり、肉や魚と同じアミノ酸でできています。たんぱく質とは、アミノ酸が数珠のように多くつながった構造です。その数珠が10〜50程度の単位で「ペプチド」と呼ばれます。そして、化学の世界ではペプチドから、一つ一つのアミノ酸の並び方を分析や解析を行います。これの列を「アミノ酸の配列」といいます。

 

そして、グルテン由来のタンパク質であるアミノ酸の配列をそれぞれ見ると、アミノ酸の種類である、「トリプトファン」「フェニルアラニン」などの間に「プロリン」というアミノ酸が並んでいます。この並び方は、モルヒネとそっくりの配列をしています。このモルヒネとそっくりな配列を持っているために、脳が興奮を起こします。

 

 

 

モルヒネを摂取すると興奮する理由

そもそも、モルヒネを摂取すると、なぜ人は興奮してしまうのでしょうか?これは、生化学分野の「リガンド」と「レセプター(受容体)」の関係によって説明されます。

 

例えば、人が興奮する理由は興奮性の物質(リガンド)がそれを受け取る物質(レセプター)と結合することで、刺激や興奮作用が起こります。その興奮性の物質がモルヒネであり、受け取る物質をオピオイドレセプターといいます。人がモルヒネによって興奮する理由は、受け取る物質であるレセプターに結合し、刺激が起こるからです。

 

このレセプターはある特異的な物質としか結合しません。つまり、モルヒネと化学構造が異なる物はくっつくことはありません。生体内に存在するレセプターはリガンドとくっつく部位は一つ一つ異なります。また、化学構造が異なる物質は脳によって異物と判断されれば、解毒や排除されるようにできます。

 

 

 

グルテンはオピオイドレセプターにくっつく

しかし、リガンドとレセプターの関係を考える際に、注意しなければいけないことがあります。それは、化学構造が異なっていても、類似した構造であれば、レセプターとくっつく可能性があるということです。

 

前述に述べたグルテンはモルヒネはアミノ酸の配列がモルヒネと似ています。そのため、脳が「同じものが来た」と判断してしまい、脳の関所と言われる血液脳関門を通過してしまいます。後に、脳の神経細胞のシナプスのオピオイドレセプターにくっつきます。これによって、中毒症状を引き起こします。具体的には幻覚や妄想を引き起こしてしまいます。

 

 

 

さらに、これだけでなくグルテンがオピオイドレセプターとくっつくと、神経伝達物質の発言を阻害してしまいます。シナプスから生じる神経伝達物質量が低下すると、心を安定させるのに必要なGABAやセロトニンの分泌量が少なくなります。あるいは、神経を興奮させる作用を持つノルアドレナリンを過剰に分泌させやすくなります。

 

これによって、記憶があいまいになったり情緒が不安定になります。うつ症状や興奮しやすいといった症状を引き起こします。つまり、グルテンを摂取すると、興奮がイライラおさえられなくなり、結果としてやめられなくなってしまうのです。

 

グルテン依存者に麻薬をおさえる薬を飲ませて症状が改善

こうした背景には、麻薬拮抗薬となるナルトレキソン、ナロキソンが関係しています。

 

モルヒネがオピオイドレセプターにくっついてしまうと、脳は興奮作用を起こしてしまうため、それを抑える物質をいれなければいけません。そこで、拮抗剤と呼ばれる物質を入れます。拮抗剤を入れることで、モルヒネの代わりにナルトレキソンがレセプターがくっつきます。これによって、興奮作用を抑えることができます。

 

現在、アメリカでは小麦グルテンの依存者をトリートメントする施設があります。グルテン依存の患者にナルトレキソンを飲ませたところ、麻薬中毒の患者同様に、症状が軽減しました。そのため、小麦グルテンが脳内に興奮作用を持たらすことがわかりました。

 

グルテンを食べ続けることで、食欲が増進される

以上のような作用によって、グルテンを摂取することで、脳内が興奮します。そして、脳内が興奮すると食欲が増進されます。食べれば食べるほど、興奮作用が起こり、「もっとほしい…もっと食べたい……」という一種の中毒作用が起こってしまいます。

 

チーズ、牛乳でも同様のことがいえます。チーズ、牛乳には「カゼイン」が含まれており、カゼインのペプチドはグルテンのペプチドと類似した構造を持っています。つまり、牛乳によっても脳内が興奮してしまうのです。頻繁に牛乳を飲んでいると「毎日飲みたい」「チーズやヨーグルトを毎日食べずにいられない」という方がでてきてしまいます。

 

グルテンを2週間やめるには

小麦グルテンをやめるためには、ある程度の我慢が強いられます。実際には、2週間やめ続けることができれば、小腸の状態が改善され、普通の食事ができるようになります。

 

その最初の2週間を乗り切ってしまえば、「身体が軽くなった」「ウエストが細くなった」「疲れにくくなった」などの体感を得ることができます。しかし、前述のように、小麦グルテンをやめることは中毒作用もあるため、困難です。実際に、私も最初、グルテンフリーを行ったときは、何を摂取すれば良いか戸惑いました。

 

そこで、みなさんにオススメする食事方法が「栄養価の高い物を先に食べること」です。つまり、先に栄養価の高い食品を食べ、消化運動をさせてしまいます。これによって、食欲を物理的になくしていくのです。

 

例えば、私はお腹が空いたときは、「卵」「バナナ」を積極的に食べるようにしていました。卵は人体に必要なアミノ酸の必要量が全て入った栄養価の高い食べ物です。バナナは「エリスリトール」と呼ばれる物質であり、血糖値を下げない物質です。お腹がすいたときは、卵とバナナを積極的に食べて、腹を埋めようとしていました。

 

これによって、グルテンを食べる前に、お腹が満たせるようになり、徐々に小麦製品を食べなくなっていきました。つまり、小麦グルテンを摂取する前に、「何を食べるのか?」を決めて積極的に食べるようにするのです。その結果、お腹が速くたまり、食欲が薄れていくので、グルテンの摂取量が少なくなっていきます。

 

小麦グルテンの摂取によって脳内が興奮し、甘い物がやめられなく理由は説明しました。その上で、グルテンより先に何を食べるかを決めて、積極的に先に摂るものを決めてください。ダイエット、スポーツ技術向上を志す方であれば、自分の摂るべきものを明確にし、「先に」食べるようにします。これによって、小麦グルテンの摂取量を減らすことができます。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論

関連ページ

ダイエットを成功させるのに注意すべきこと
施設や便利器具を使うほど、ダイエットに成功できなくなる
ダイエット成功に必須な「カロリー計算」の概念
ダイエットを効率よく行うトレーニングの選択法
ダイエット効果の高い「ランニング」で実践すべき3つのこと
姿勢改善、ダイエット効果が上がる「ドローイン」を実践する
ダイエット効果を何十倍に高める武道の考え方
あなたのダイエットがうまくいかない訳:睡眠を見直す
あなたのダイエットがうまくいかない訳:食事を見直す
食欲、脂肪生成を根本から抑える姿勢改善法
初心者でできるプールによるエクササイズまとめ
ダイエット効果をさらに高めるプールでの工夫術:軸を固める
ダイエット効果を引き出すロードバイクトレーニング法:急制動動作
ダイエットの成功率を高める「遅れの法則」について理解する
糖質制限ダイエットの唯一の欠陥
ダイエットにおいてサプリメントを摂取するデメリット
健康的にダイエットするには「小麦グルテン」をやめる
グルテンフリー食事法とはどのようなものか
グルテンフリーにより、自分の取るべき食品がわかる
食事中に、「心を落ち着ける」ことで、大きなダイエット効果が得られる
体内の調節時間によってわかる、適切な食事の摂り方
感情の起伏を食事で抑えて、ダイエットを確実に成功させる
甘い物を食べることで、人体は確実にむしばまれる
ダイエット中に摂取したい甘い物:エリスリトール
ダイエット中は低炭水化物食品にも気を付ける
栄養素の比率計算法とあなたが摂取すべき食品
最高の栄養素である「ケトン体」を理解する
本当に脂質、コレステロールは悪い物質かを検討する
炭水化物を摂取しすぎると運動パフォーマンスが低下する
健康的に痩せるためのグルテンフリー食事法の具体例
甘い物を食べながら、ダイエットや健康体を実現する具体的手法
グルテンフリー食事法により、脂肪の生成が抑えられる理由
小麦グルテンをやめると、全ての症状と栄養吸収低下を抑えることができる
コンビニ、スーパーでグルテンフリーを行う方法

サイトマップ
HOME