健康的にダイエットするには「小麦グルテン」をやめる

 

年齢を重ね、体重が増えてきたらダイエットを検討しなければいけません。体重が増えてきたら、健康ドが下がってしまうからです。体重が重くなってしまうと、生活習慣病のリスクが高まったりしてしまいます。

 

そこで、ダイエットを心がけなければいけません。しかし、世の中には特定の商品に焦点を当てたダイエットが存在します。果物ダイエット、カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット……など、これらのダイエット法をいずれかを選択して、具体的に脂肪を燃焼させていかなければいけません。

 

ただ、この場合、ただ体重を減らすのではなく、「身体の健康を考慮に入れながらダイエットをする」ことを意識してください。理由は、続かないからです。糖質制限ダイエットをいざしようとしたところで、数日たつと体が糖質を欲して集中できなくなり、結果としてダイエットを続けることができません。

 

では、身体の健康を加味して、ダイエットを実践するためには何を行なえば良いでしょうか?今回はダイエットにおける具体的な食事法を含め紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

食事は小麦グルテンをやめる

どのような食べ物に焦点を当てたダイエットをしたとしても、必ず避けなければいけない食品があります。それは、「小麦グルテン」です。小麦を含んだ食品は、そば、うどん、パン、スポンジを含むケーキなどです。

 

これらを摂取している場合、あなたのダイエットは失敗する可能性が高くなるかもしれません。あるいは、成功したとしても前に比べて疲れやすくなったり、体調不良に陥りやすくなったりします。もし、小麦グルテンを摂取しているのであれば、明日からやめるようにしてください。

 

なぜなら、小麦グルテンを摂取すると、身体の内臓器官に悪影響を与えることがわかっているからです。

 

小麦グルテンとは、具体的には「グリアジン」と呼ばれるタンパク質を指します。グリアジンは体外から取り込まれ、小腸に達すると、腸内に常在するカンジタ菌がそれをエサに増殖します。そして、カンジタ菌が増殖すると、小腸の壁である腸壁を破壊することがわかっています。

 

もし、カンジタ菌が腸壁を破壊すると、身体のあらゆる部位に流れていきます。もし、関節内にたまれば関節の動きを悪くし、胃に流れると、胃の粘膜形成に悪影響を与えます。その他、脳神経に流れると思考力の低下、スポーツにおける反応性、俊敏性の低下を及ぼすこともわかっています。

 

例えば、カロリー制限のために朝ごはんを抜いたとします。しかし、昼や夜にうどんやそば、パンなどの食材を食べてしまうと、体内の内蔵器官の機能を低下させてしまいます。人が生活するために必要なエネルギー量の低下のみならず、内臓の働きを悪化も招くため、身体のあらゆる不調を患うことになります。

 

糖質制限ダイエットや低炭水化物のレシピを見ても、小麦粉を加工の際に使用している食品があります。このような食品もとらないようにしましょう。もし、小麦グルテンを一切やめることができれば、疲弊した内臓が回復し、「身体が軽くなった」「疲れにくくなった」という実感が手にはいるはずです。

 

実際に、私は小麦グルテンをやめたことで、フルマラソンの記録が向上しました。その他に、小麦グルテンの摂取をやめさせて、ダイエットに成功した人もいます。つまり、グルテンフリーの食事法は単に内臓機能を高めるだけでなく、ダイエットにも応用できることがわかります。

 

かつて、日本は小麦を用いた製品が少なくかったです。しかし、今の時代はアメリカで遺伝子組み換えの小麦製品が大量生産できたことで、多くの加工食品が出回るようになりました。コンビニのお菓子を見れば、ほとんどの食品にお菓子が入っていることがわかります。米粉でできているせんべいにさえ、小麦を加工の際に使われています。

 

安く、便利で簡単に手に入るのが小麦加工食品の大きな特徴です。しかし、それと引き換えに小麦を摂取するとあなたの内臓器官の全ての働きを破壊されます。この事実を理解して、明日から摂取する食べ物について考えるようにしましょう。

 

軽い有酸素運動を繰り返し、脂肪を減らす

そして、小麦グルテンをやめたのであれば、具体的に脂肪を燃焼していきましょう。このときに脂肪を減らすには、運動を行うようにしましょう。

 

小麦グルテンをやめる食事法は、やめることで物理的に内臓の負担を減らせます。しかし、脂肪燃焼効果があるわけではありません。小麦をやめることで、炭水化物の摂取量が減って脂肪が生産するのを防ぐことはできるかもしれません。ただ、確実に痩せたいのであれば、体を動かすことを意識して、脂肪燃焼を促すようにしましょう。

 

小麦グルテンをやめることで小腸の腸壁崩壊、胃袋の粘膜不調、肝機能の低下、関節部の炎症を阻止することができます。これによって、いつもより体力が増すようになります。食事によって体力が向上できたのであれば、軽い運動を容易に行えます。

 

効率的に痩せるのであれば、トレーニング法も選択するかもしれません。しかし、別になんでも構わないので自分の好きで、続けられそうな運動を選択して運動を続けてください。筋トレを行って楽しいのであれば、筋トレを行っても構いません。あるいは、有酸素運動が楽しく、続けられそうであれば有酸素運動を積極的に行うようにしましょう。

 

なぜなら、ダイエットにおいて最も難しいのは、運動することではなく食事法を変えることだからです。

 

例えば、私は数々のスポーツ経験者と会って、武道に基づく姿勢や身体の使い方について話合う機会があります。彼らに会うと、筋肉の効率的な働かせ方や武道における身のこなしには非常に聞く耳を持ってくれます。なぜなら、これらの動きを身につけることで、自分の行っているスポーツの技術も向上し、また楽しいからです。

 

しかし、栄養学や食事の話になると、本気で取り入れて実践しようとする人はいません。ほとんどの人は、スポーツで実力を伸ばすには「技術的なことを学ばないといけない」と考えるし、ダイエットをしようと考えている人は「筋トレの種類や運動法」を学ぼうとします。いい栄養を取ったとしても、それは運動技術向上やダイエットにはつながらないと考えているのです。

 

しかし、いくらそのようなことを学んだところで、食事をかえなければ、運動を続けることは非常に困難です。グルテンを食べれば、カンジタ菌が増殖し、ほとんどの内臓が破壊されます。炭水化物を摂取すれば、種々の関節のたまり、動きが阻害されます。このことを強く理解し、食事を変えるようにしてください。

 

どのようなダイエットに効果的な運動法を学んだとしても、食事で小麦や糖質ばかり摂取していたら、内臓器官はどんどんやられてしまいます。カンジタ菌が脳神経に多く集まると、思考する力が低下し、自分の本来の体力や体の動きを発揮することはできません。つまり、ダイエットにおいてまず我慢しなければいけないことは、食事法を変えることであるといえます。

 

小麦グルテンをやめた当初は、小麦を含んだ食べ物が恋しくなり、食べたくなるでしょう。「少しぐらいなら……」と考えて、パンやウドンを食べてしまうかもしれません。しかし、ダイエットを本気で考え、痩せたいのであればまず、自分の体を第一に考えてください。そのためには、運動法や深く考えずに、小麦グルテン以外の食品を探し、摂取し続けるように心がけます。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論

関連ページ

ダイエットを成功させるのに注意すべきこと
施設や便利器具を使うほど、ダイエットに成功できなくなる
ダイエット成功に必須な「カロリー計算」の概念
ダイエットを効率よく行うトレーニングの選択法
ダイエット効果の高い「ランニング」で実践すべき3つのこと
姿勢改善、ダイエット効果が上がる「ドローイン」を実践する
ダイエット効果を何十倍に高める武道の考え方
あなたのダイエットがうまくいかない訳:睡眠を見直す
あなたのダイエットがうまくいかない訳:食事を見直す
食欲、脂肪生成を根本から抑える姿勢改善法
初心者でできるプールによるエクササイズまとめ
ダイエット効果をさらに高めるプールでの工夫術:軸を固める
ダイエット効果を引き出すロードバイクトレーニング法:急制動動作
ダイエットの成功率を高める「遅れの法則」について理解する
糖質制限ダイエットの唯一の欠陥
ダイエットにおいてサプリメントを摂取するデメリット
グルテンフリー食事法とはどのようなものか
グルテンフリーにより、自分の取るべき食品がわかる
食事中に、「心を落ち着ける」ことで、大きなダイエット効果が得られる
体内の調節時間によってわかる、適切な食事の摂り方
感情の起伏を食事で抑えて、ダイエットを確実に成功させる
甘い物を食べることで、人体は確実にむしばまれる
ダイエット中に摂取したい甘い物:エリスリトール
ダイエット中は低炭水化物食品にも気を付ける
栄養素の比率計算法とあなたが摂取すべき食品
最高の栄養素である「ケトン体」を理解する
本当に脂質、コレステロールは悪い物質かを検討する
炭水化物を摂取しすぎると運動パフォーマンスが低下する
健康的に痩せるためのグルテンフリー食事法の具体例
甘い物を食べながら、ダイエットや健康体を実現する具体的手法
グルテンフリー食事法により、脂肪の生成が抑えられる理由
小麦グルテンがやめられない理由と対処法
小麦グルテンをやめると、全ての症状と栄養吸収低下を抑えることができる
コンビニ、スーパーでグルテンフリーを行う方法

サイトマップ
HOME