水素水のメリットデメリットを理解する。

日常生活含め、スポーツでは、運動後に疲れが生じます。人は、疲れるとき、老化が進行するときに「活性酸素」が発生します。そして、老化の進行を防ぐ為に、活性酸素を除去する能力が挙げられます。

 

「活性酸素」は空気中から取り込んだ酸素から、体内で状態が変わり、発生した物質です。この物質が発生すると、筋肉や体の器官の細胞に攻撃し、組織を破壊してしまいます。

 

そのため、疲労物質である活性酸素のスポーツの世界では、いかに活性酸素を除去し、体の疲労を取るかが大切です。そこで、活性酸素を除去する方法のひとつとして「水素水」が挙げられます。水素水の特徴として、疲れ物質である活性酸素を除去する効果があります。そのため、市販では「老化、美容対策」として水素水が挙げられます。

 

ただ、このような特徴があったとしても、水素水だけでは疲れが取れないことはご存知でしょうか?水素水の特徴や身体の仕組みを調べていくと、水素水を飲んだだけでは、身体の疲れを根本から取り去ることは不可能と言えます。こうした内容を理解することで、健康な身体を構築するために必要なことがわかります。

 

さらに、この記事を読むことで、世の中にある水サプリの本質的な欠陥がわかります。このような事実を踏まえて、明日から摂取すべき理由について考えるようにしましょう。

 

ここでは、水素水のメリット、デメリットについて解説し、身体の健康向上のために必要な食事法について解説していきます。

 

水素水とは

水素水は、通常の水に少し多めに「水素」が入っている水です。

 

水は化学式では「H2O」と書きます。「H」は水素原子といい、「O」は酸素原子と言います。原子とは、あらゆる物質を細かく分解し、もうこれ以上分けられなくなった状態、最小の単位を表します。

 

世の中にあるあらゆる水が「H」2つと「O」1つがくっついて「H2O」の状態で存在していると言えます。この水分子に水素をより多く溶かすことで、「H3O+」と呼ばれる物質になります。これが、水素水です。

 

空気中から、酸素を体内に取り込み、血液内に流れている酸素が状態を変えて活性酸素に変わります。そこで、水素水を飲むと、体内にある活性酸素と優先的に反応し、活性酸素を除去することができます。その結果として、細胞内の組織の破壊を防ぐことができます。

 

スポーツで運動(特に有酸素運動)を続けていると、活性酸素が発生します。そこで、水素水を摂ると、体内で発生した活性酸素が水素水と接触し、無害化させます。それによって、活性酸素濃度が減少するため、スポーツにおける疲労回復が期待されます。

 

水素水のデメリット

ただ、水素水はいくつかデメリットがあります。一つは、高濃度に作れないことです。

 

ある企業の測定より、1L当たりの水に溶け込む水素の量は決まっていることがわかっています。それは、数ppm(百万分の一)の量のため、極微量であり、さらに、その中で体内に入っていく量も限られています。

 

そして、体内で活性酸素が生じる機会は多くあります。例えば、仕事をしていると、脳で大量の活性酸素が生じます。これは、血管内に流れる酸素が血管壁と摩擦が起こり、活性酸素がが生じます。

 

血管は人体では、10万キロあります。この状態で、大量の活性酸素が発生します。イメージしていただけるとわかりますが、このような状況でごく微量しか含まれていない水素水ですべての活性酸素を除去することは不可能です。

 

そのため、摂取したとしても、人によっては効果があまり体感できない可能性があります。

 

この考え方は、プロテイン、サプリメントでも同様のことがいえます。プロテインやサプリメントも人によって、吸収率が変わります。エネルギッシュで何でも消化できる人なら問題ありません。ただ、そうでない人はいくら摂取しても、吸収されないまま体外に出てしまうことがあります。

 

水素水の保存期間は短い

 

さらに、水素水は空気中に置いておくと、失活し、元の水に戻ってしまいます。ある企業のデータによると、3時間で半分の水素水が12時間以上で、ほとんど全ての水素水が元の水に戻ってしまうと報告されています。

 

水に少し水素が解けた状態というのは、不安定です。そのため、おいておくと水素水の濃度が減ってしまうというデメリットがあります。そのため、スポーツで水素水を活かしたいのであれば、これらの条件を加味して、水素水を購入する必要があります。

 

水サプリは短期による結果しかない
実際に、私はサプリメントの開発に携わった経験があるのでわかりますが、こうした水サプリメントには、身体にあたえるプラスの影響がある反面、デメリットがあります。

 

それは、効果を実証するデータが短期的な結果しかないことです。

 

例えば、消化不良の方に進める水サプリメントとして「アルカリイオン水」があります。アルカリイオン水の特徴として、胃袋がアルカリ性側に傾くことです。これによって、胃液の生産量が増え、消化能力を高めることを狙いとしています。

 

ただ、アルカリイオン水も含め、大きな欠点が短期的にしか結果がないことです。つまり、長期的に胃液を効率的に生産し、消化不良を助け続けてくれるかがわかりません。そのため、最初に効果があったとしても、その後摂り続けたとしても無駄になってしまうことがあります。

 

実際に、アルカリイオン水の摂取により、胃液の分泌量は短期的に向上することはわかっています。私自身もアルカリイオン水を摂取し、食事に試していたことがありました。しかし、1ヶ月以上にわたって摂取しつづけると、胃液の分泌量の向上は見られなくなることがわかっています。

 

体験としても、最初は胃もたれが少なくなったのですが、あとになって、胃もたれが解消できたかというとできませんでした。このような体験から、「短期的な効果だけでは意味がない」と強く思わされたものです。

 

添加物をアピールした水サプリの欠点

 

水に基づくサプリメントの欠点として、「添加物をアピールすること」です。例えば、ある水の宣伝文句は「この水には身体の健康に必要なミネラル、ビタミンが充実している」といった内容です。先ほど述べたアルカリイオン水も水素水も水に添加した物質を宣伝しています。

 

しかし、これらの水サプリメントは短期的なデータしかなく、長期的な結果はないことが挙げられます。本質的に健康な身体を得るためには、生化学、解剖学に基づいて、水の役割を調べ、原理的に必要な物えて考えていかなければいけません。

 

長期的に水で健康を保つには生体水の質を高める

 

このような添加物を実際に吸収できる体を作るには、どのようにすれば良いでしょうか?それには、体液自体の質が関わります。体液とは、具体的には「あなた自身の生体内の水」です。生体の水の特徴として、飲料水の水と異なり、非常に微細な分子でできていること、一つ一つの分子が運搬する為に、必要なエネルギーを保持していることが挙げられます。

 

これらの添加物を含んだ水を飲んだからといって、体内への添加物の吸収率が高まることはありません。実際に、血管内の栄養分が細胞へ運ばれる過程では、血液内にある微細で細かい水分子が物質を包み込んで、運ばれていきます。

 

そのため、特殊な添加物の入った水を飲むのではなく、栄養分の吸収を高めるために必要な生体の水の質を高めていくことが、本質的に健康に導くことができます。

 

まとめ
以上の内容をまとめます

 

・ 水素水は活性酸素を除去する役割がある
・ 水1リットルあたりに作れる水素水が決まっている、あるいは保存期間が短い
・ 水サプリメントは添加物を宣伝されることが多いが、短期的なデータしかない
・ 長期的に健康を維持するには生体水の質を高めることが大切である。

 

これらの内容を理解し、水素水の摂取を検討してみてください。それにふまえて身体に必要な栄養素を理解し、摂取するようにしましょう。


//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME