健康な体を身につけるための食事の3原則

健康な体を維持するためには、栄養学を学び、実践する必要があります。適切な食事を行うことで、脳、神経、内蔵、筋肉に必要な栄養源を取り入れたり、活動するためのエネルギーを蓄えたりできます。これによって、身体の不調の予防や健康の維持することができます。

 

そして、適切な食事を行うためには、3つの原則があるとされています。東洋医学において、内蔵には、食事に適した量、時間帯、さらには内蔵に負担の少ない食事があることがわかっています。こうした食事を実践することで、身体に負担なく栄養素を取り込むことができます。

 

また、現在疲労や腰痛、肩こりに悩んでいる人がいれば、適切な食事法を実践することが大切です。食事によって、内蔵に負担をかけてしまうと、筋肉や関節に必要な材料を作る機能が低下したり、体内毒素を解毒する能力が低下します。これによって、筋肉や関節に不調や痛みを招くようになります。

 

そのため、あらゆる体の不調を予防するために、食生活について考えることは大事です。ここでは、体の不調を予防する食事の3つの原則について解説します。

 

内臓に負担をかけない食事を行う3原則

食事において、内臓に負担をかけない食事を心がける必要があります。例えば、食べ過ぎて胃腸の消化が通常以上に必要になったり、アルコールの飲み過ぎで、肝臓が過剰に活動させたりしたとします。これでは、内臓に負担がかかり、体の不調を招きます。そこで、食生活を見直すことで、内臓を疲労させないようにしましょう。

 

そして、内臓に負担がかからないようにするためには、いくつかのポイントがあります。そのポイントを以下に示します。

 

食べ過ぎない

食べ過ぎると、その分、消化吸収を行うものが増えるため、胃腸に負担がかかります。毎食お腹いっぱいになるまで食べ、消化する量が過剰になると、自律神経は乱れます。そのため、一般的に腹8分目が適していると言えます。

 

違う記事で食べ過ぎがよくない理由については詳しく記されています。

 

栄養素の摂取しすぎが健康上によくない本当の理由

その内容は、人はたくさん食べすぎたとしても、消化酵素を大量に使い、足りなくなったら栄養分の吸収ができません。あるいは、背骨のうち、胸椎5番目に変位やずれを起こすと胃に栄養分が行きにくくなります。

 

このような人は、食べ過ぎてしまうと内臓に大きく負荷がかかります。そのため、自分の肩甲骨の上部が硬くなっていないか確認してください。この部位が異常に硬くなってしまうと、胃につながる神経が硬くなり、栄養分が流れにくくなります。そのため、食事は腹8分目といわれるように、少し余裕を残す程度に抑えるようにしましょう。

 

規則正しい食事をする

内臓には、活発に働きやすい時間と活動しにくい時間帯があります。例えば、東洋医学の体内時計の概念では、胃袋が活発に働く時間は7〜9時、小腸が活発に働く時間帯は13時、膵臓が働く時間が7〜9時、肝臓が働く時間は夜中の3時付近といわれています。

 

このような理由から、朝ご飯は7時〜9時、昼ご飯はあとの小腸からの吸収を効率よくするために12時間、夜は肝臓が働きすぎない時間帯として、夜7から9時が良いとされています。朝、昼、適切な時間帯に食事を摂取することで、内蔵によけいな負担なく食事を摂取できます

 

と決まった時間に食事を摂る習慣をつけることで、自然と体内の内臓が、食事の時間に活発に働くようになります。そのため、食事のリズムは、毎日に規則的にしておくことが理想です。

 

仕事などで、帰宅時間が遅くなる場合は、途中で軽食を摂るか、夜は食べないようにした方が良いでしょう。内臓の負担は少なくなり、朝の目覚めがスッキリします。

 

不要な食品は避ける

食品の中には、内臓の活動を過剰にするものもあります。具体的には「アルコール」「カフェイン」「食品添加物」「糖質」があります。

 

例えば、「アルコール」「化学添加物」は肝臓によって、解毒作用が起こります。これによって、肝臓の活動が異常に働きます。糖質を摂取することで、血糖値を下げるために、膵臓や腎臓が過剰に働きます。その他、糖質の摂取により、血管壁に障害が起こることがあります。これによって、肝臓が働きます。

 

これらの物質は、過剰に摂取することで、内蔵が過剰に働き、疲弊します。完全にはやめれないにしても、極力摂取するのをさけるようにしましょう。

 

食生活をただすためには、姿勢を改善する

上記した内容を実践することで、内蔵に無理な負担なく食事を行うことができます。ただ、本質的に健康を構築したいのであれば、食事以外に気をつけたいことがあります。それが、「姿勢」です。

 

良い姿勢とは、首の後ろがよく伸び、両肩が落ちて、お尻のしまった姿勢です。この姿勢を普段から意識し、座っているときや立っているときに意識するようにしましょう。この理由として、姿勢の崩れによって内臓に余計な負担
をかけてしまうからです。

 

今回述べたように、体の不調を予防するためには、食生活を見直すことが大切です。その理由として、自律神経の働きを整えることができるからです。

 

身体の背骨には、心拍数や血圧、血糖値を調節する自律神経があります。自律神経に流れる血液の中で、血液を早く流す役割は交感神経が、遅く流す役割は副交感神経が行っています。二つの神経は正常な状態では、お互いにバランス良く働いています。

 

しかし、姿勢が崩れていたり、背骨が緊張していたりすると、これらの神経が圧迫されたりつまりを起こしたりします。すると、二つの神経の働きに異常が生じ、内臓機能に影響を与えます。特に、現代人は仕事をするうちに、普段の姿勢で腰や肩に負担がかかりすぎる姿勢が固定化されてしまっているため、内臓に負担がかかりやすくなっています。

 

そのため、良い姿勢を維持し、健康な内臓を手に入れましょう。少し顎を引いて首を伸ばしてください。次に両肩を落とし、少しだけ足を開いてお尻をしめてください。これによって、誰でも背骨に余計なねじれのない姿勢を構築できます。

 

まとめ

以上の内容をまとめます
・内臓の負担をかけないように食事をするには3つの原則がある
・食べ過ぎないようにする。自分の肩甲骨周りが硬くなっていないか確認する
・規則正しく食べる。朝、昼、夜と

自律神経の不調を招かないためには、内臓に負担をかけないように栄養を摂ることが大切です。そこで、「食べ過ぎない」「規則正しい食事を行う」「不要な食品は避ける」の3点に気をつけるようにしましょう。神経の働きが改善され、障害の発生を予防できます。


//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME