日常生活に悪影響を与える活性酸素の働きと対策法

仕事、日常生活において、年齢を重ねると疲労などの慢性病を抱えます。そこで、日常の健康度を高めるためには、栄養学を学ぶ必要があります。

 

もし、あなたが健康的に生活したいのであれば、疲労や老化が進行する原因を理解し、対処法を考える必要があります。そこで、疲労や老化の原因として挙げられるのが「活性酸素」です。

 

活性酸素は体内の酸素が変化を起こすことで生じます。そして、活性酸素の増加によって、疲労や老化が進行します。そのため、栄養によって健康的な生活を送りたいのであれば、活性酸素の除去法についてかんがえなければいけません。

 

ここでは、一般人、運動経験者ともに、疲労の改善につながる「活性酸素」の除去法について解説していきます。

 

活性酸素は疲れの原因となる理由

人は運動したり仕事で頭を使ったりすると、筋肉や脳の細胞内に、血液を介して酸素(O2)が運ばれます。酸素はエネルギーを生み出すのに必要な物質です。

 

ただ、酸素が大量に消費されると、その中で一部が「活性酸素(O2・-)」となります。活性酸素は別名「フリーラジカル」とも呼ばれ、酸素の物質とほとんど化学構造は変わりません。特徴とし、フリーラジカル(フリーラジカルは化学的に「・」で表される)があるかないかです。

 

フリーラジカルの性質は、体内にあるたんぱく質や脂質と化学反応を起こし、それらの物質を変位させることです。例えば、酸素によって生じたフリーラジカルは脂質を参加させる反応を起こします。このように、酸化反応を起こすことで、筋肉や各組織の細胞の構造を変え、破壊する性質を持っています。

 

もしも、頭や体を使いすぎて、大量の酸素を消費すると、その過程で活性酸素の発生量が増えてしまいます。すると、細胞が傷つけられてしまい、機能低下に陥ります。

 

活性酸素は体内の酵素によって速やかに分解されますが、もし、活性酸素の生成量が多ければ、無毒化が間に合わなくなってしまいます。すると、体にダメージを与えてしまいます。

 

そして、活性酸素によって肌の細胞を傷つけてしまうと、シミやシワを招きます。血管壁の細胞が傷つけられると動脈硬化の原因となります。スポーツ選手(特に長時間運動し続けるスポーツ)で顔にしわができやすいのは活性酸素による影響が多いと考えられます。

 

そのため、活性酸素を除去することは、健康的に過ごす為に考えなければいけないことです。

 

人体で発生する活性酸素の例

では、活性酸素は血液中の酸素から発生する以外にどのようなものがあるでしょうか?これ以外にも活性酸素が生じる機会はあります。

 

例えば、白血球が細菌に攻撃したときです。人の体内に異物が入ったとき、その異物を除去するための反応が起こります。この際に白血球、マクロファージといった部位が細菌や異物が集まる部位に集積し、異物を撃退します。この際に、活性酸素が生じます。

 

この他に体内の水によっても活性酸素が発生します。体内の水が紫外線を浴びて、ヒドロキシラジカル(HO・-)が発生します。このラジカルによっても、正常な細胞が破壊されます。

 

活性酸素による具体的な障害

次に、活性酸素によって生じる具体的な障害について解説します。

 

例えば、すべての細胞にはDNAが含まれています。フリーラジカルによって、DNAが破壊されると「ガン」を煩います。DNAの中には、グアニンと呼ばれる物質が含まれています。この物質が酸化されると、OHGと呼ばれる物質が生じ、この物質の量が増えると、加齢が進みます。

 

この他に、寿命の短縮、白内障、皮膚のシミ、アルツハイマー病、腎障害などがあります。

 

活性酸素を除去するには

ただ、体内で発生した活性酸素は、除去する物質があります。代表的な齢として、「抗酸化物質」が挙げられます。

 

これは具体的には、ビタミンC,ビタミンEなどです。ビタミンC、ビタミンEなどの広告では、「抗酸化作用」という言葉を見かけると思います。抗酸化作用を理解することで、活性酸素が除去される過程を理解できます。

 

抗酸化作用とは

体内で酸素を利用しようとすると、どうしても活性酸素が生じてしまいます。そして、活性酸素が生体の細胞に攻撃し(酸化して)、多大な被害をもたらすのです。

 

そして、活性酸素の働きを抑制するのは酵素以外に、抗酸化物質も活性酸素から体を守ってくれます。抗酸化物質とは脂質やタンパク質などの物質より酸化されやすい物質のことです。

 

そのため、活性酸素によって、生体が酸化されるよりも優先的に抗酸化物質が酸化されます。つまり、抗酸化物質それ自身が酸化されることで、生体を酸化から防御してくれるのです。

 

そのため、ビタミンC、Eの摂取は体の疲れの原因となる物質を除去してくれます。

 

体内で生産される活性酸素を除去する酵素

ただ、生体内には、活性酸素を向上させる物質が他にもあります。

 

例えば、肝臓では、「SOD(スーパーオキサイドディムスターゼ)」と呼ばれる物質があります。この物質活性酸素を過酸化水素と呼ばれる物質に変換することで、活性酸素を除去します。

 

この他に、体内で生産される活性酸素を除去する物質として、「グルタチオン」「尿酸」「女性ホルモン」などが挙げられます。専門的になると、「カタラーゼ」「グルタチオンペルオキシターゼ」「グルタチオン還元酵素」「G6PD」なども活性酸素を除去する能力を持っています。

 

活性酸素を減らす食事法

上記したように、活性酸素は血液内の酸素、水によって、生じます。これらを除去するためには、食事によって、身体の除去を行うことができます。

 

一つは抗酸化物質を摂取することが挙げられます。近年では、ビタミンC,Eを摂取できるサプリメントが市販で売られるようになります。
もう一つは、肝臓の機能を高めることです。この理由として、活性酸素を除去するSODは肝臓によって、生産されるからです。具体的には、コレステロールを積極的に摂取するようにします。

 

これによって、肝臓によって生産されるコレステロールを減らすことができ、負担が軽減されます。あるいは、コレステロールは女性ホルモンの材料となるため、女性ホルモンの生産にも役立ちます。

 

もう一つは、体内の活性酸素の除去能力が挙げられます。具体的には、運動を行うことが挙げられます。適度に運動を行い、筋肉を使った運動は、SODの活性を高めます。これによって、活性酸素の除去能力を高めることができます。

 

まとめ

以上の内容をまとめます

 

・ 老化、疲れの原因は活性酸素が挙げられます
・ 活性酸素によって、正常な細胞を破壊されます
・ 活性酸素を除去する酵素として、抗酸化物質、SOD、尿酸、女性ホルモン、グルタチオンなどが挙げられます
・ 対策として、抗酸化物質、コレステロールを摂取すること、適度な運動を行うことが挙げられます

 

もしも、健康な体を身につけたいのであれば、活性酸素の性質を理解し、適切な栄養素を摂取するようにしましょう。


//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME