あなたのダイエットがうまくいかない訳:睡眠を見直す

 

 

ダイエットで痩せるためには、運動を行うことは重要です。しかし、やみくもに運動したり、ダイエットに役立つエクササイズを実行したりしても、なかなか成功しにくいです。

 

人の体は、運動以外にもあらゆる要素を持っています。そのため、それらを統合して考えないと、トレーニングが長続きせず、ダイエットが失敗に終わってしまいます。

 

では、やみくもに筋トレや運動を行っても、なぜ体重は減らないのでしょうか?それは、ダイエットでは、運動以外に「睡眠」も重要だからです。睡眠は筋肉を含め、内臓の疲労を休める役割があります。実は、良質な睡眠を手に入れなければ、食欲を増やすホルモンが過剰に分泌され、過食になりやすいこともわかっています。

 

そこで、ダイエットを成功するためには、「睡眠」の重要性について理解しなければいけません。そこで、今回はダイエット効果を引きだすために必要な考え方と、行うべきことについて詳しく解説していきます。

 

ダイエット効果を引き出すには:良質の睡眠を手に入れる

運動でのトレーニングで効果を引き出すための考え方があるのと同じように、ダイエットで効果を引き出すことには、いくつかの考え方があります。そして、その中の1つに睡眠があります。

 

睡眠は、行ったトレーニングで成果を出すことに、大きく関係します。そのため、寝ることに対する考え方をしっかり改めましょう。具体的には、睡眠時間はなるべく多くし、良質な睡眠をとることが重要です。

 

例えば、ダイエットでは運動を行うことが重要です。しかし、都内のオフィスで働く人の場合、残業が多く、夜遅くまで働くことが多いです。すると、運動をするにしても、その開始時間が22時になってしまう可能性があります。

 

確かに運動をすることで、脂肪燃焼は促進されます。しかし、夜遅くに走ると交感神経(働くと、気持ちが高ぶったり興奮したりする)が優位に活動してしまいます。これにより、夜眠れなくなります。すると、良質な睡眠が得られなくなってしまいます。

 

これにより、体の疲れが取れにくくなったり、不調を患ったりします。その結果、健康を損なってしまうため、ダイエット効果を引き出すことができません。そのため、理想の体型を手に入れるためには、睡眠をしっかりとることが大切です。

 

スポーツの観点から考えると、睡眠をしっかりとることで、運動した体を十分に休めることができます。しっかり休めば体の回復が早くなるため、より負荷の高いトレーニングを行えるようになります。そして、多くの運動に取り組むことで、丈夫な体や筋肉を身につけることができます。

 

化学的に考えると、睡眠時間を削ると、脂肪をため込む方向に体の反応が進むようになります。

 

人の体には「レプチン」「グレリン」「オレキシン」という3つのホルモンがあります。レプチンは食欲を抑え、エネルギー消費を促す役割を持ちます。グレリンはレプチンと相反した役割を持ち、オレキシンは食欲の促進、運動量を増やす、興奮、覚せい状態を促す役割があります。

 

ダイエットを行うには、レプチンの分泌を増やし、グレリンの分泌を減らす必要があります。さらに、よく眠るためには、オレキシンの分泌が少ない方が良いです。しかし、寝不足になるとこれとは逆の状態に陥ります。

 

睡眠不足になると、レプチンの分泌が低下し、グレリンの分泌が促進されます。また、このときのグレリンの分泌増加により、オレキシンの分泌も増加することがわかっています。これによって、食欲がなくなり、余計に眠れない状態になるため、太った体型に近づいてしまいます。

 

より良質な睡眠を得る体使い

そのため、しっかり運動を行って脂肪を燃焼したら、しっかり体を休めることが大切です。しかし、多くの人は、良い睡眠を得るためにはどうすれば良いかがわかりません。早く眠りにつきたい、あるいはよく眠れるようになりたい場合、少しの工夫で睡眠を改善することができます。それが、首・背中のストレッチと呼吸です。

 

首のストレッチを行う理由は、日常生活、とくに仕事をしている人で凝っている箇所の筋肉をほぐすためです。このときにやわらげる筋肉は「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」と呼ばれるものです。

 

PCやスマートフォンを見ることで、姿勢が頭が前屈みになってしまいます。このときに、もっとも凝りが出て、またほぐすのが難しいのがこの筋肉です。

 

この筋肉は、咽頭から鎖骨にかけてついている筋肉です。元来、胸鎖乳突筋はストレッチするのが難しいとされてきました。しかし、科学の進歩につれて、ストレッチの仕方が少しずつわかってきました。

 

胸鎖乳突筋の次に凝りやすい筋肉が背中です。この二つの筋肉をストレッチすることで、心身の疲れをほぐすことがでいます。

 

心理学の世界では、精神的な安静を手に入れるためにストレッチすることは有効であると説明しています。また、人は筋肉を伸ばしてゆるめてあげることで安心し、精神的に落ち着くことがわかっています。

 

首はあらゆる方向に曲げることができます。まず、後ろに曲げてみましょう。後ろに曲げると頸椎(けいつい)が曲がります。その状態から首を左右に振ります。すると、首筋の左右の筋肉が伸ばされるのがわかります。これによって左右の胸鎖乳突筋を伸ばすことができます。

 

この状態で10秒間静止し、左右に交互に行いましょう。すると、首の凝りがほぐされていきます。仕事で最も疲れやすい首の筋肉をしっかり伸ばすことで寝る前にリラックス効果を引き出すことができます。

 

さらに、背骨のストレッチ法を覚えましょう。まず、四つん這いの姿勢になります。この状態でおなかを上に引き上げるように背中を丸めていきましょう。すると、背中周りが楽にほぐされます。次に、引き上げたおなかをもとに戻して今度は腰をそらすようにしましょう。こうすることで、背中周りの筋肉を伸び・縮みさせることができます。

 

首・背中のストレッチを行うときは、深い呼吸をしながら行うようにします。そのとき、吐くことを意識して呼吸します。深い呼吸を行うことで、睡眠を得るのに必要な副交感神経が優位に働きます。すると、精神が落ち着き、眠りにつきやすくなります。

 

このように、ダイエットを効率よく行うためには、良質な睡眠を得る必要があります。そのために、首・背中のストレッチを呼吸をしながら行ない、寝る前に心と体の凝りをほぐすようにしましょう。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論

関連ページ

ダイエットを成功させるのに注意すべきこと
施設や便利器具を使うほど、ダイエットに成功できなくなる
ダイエット成功に必須な「カロリー計算」の概念
ダイエットを効率よく行うトレーニングの選択法
ダイエット効果の高い「ランニング」で実践すべき3つのこと
姿勢改善、ダイエット効果が上がる「ドローイン」を実践する
ダイエット効果を何十倍に高める武道の考え方
あなたのダイエットがうまくいかない訳:食事を見直す
食欲、脂肪生成を根本から抑える姿勢改善法
初心者でできるプールによるエクササイズまとめ
ダイエット効果をさらに高めるプールでの工夫術:軸を固める
ダイエット効果を引き出すロードバイクトレーニング法:急制動動作
ダイエットの成功率を高める「遅れの法則」について理解する
糖質制限ダイエットの唯一の欠陥
ダイエットにおいてサプリメントを摂取するデメリット
健康的にダイエットするには「小麦グルテン」をやめる
グルテンフリー食事法とはどのようなものか
グルテンフリーにより、自分の取るべき食品がわかる
食事中に、「心を落ち着ける」ことで、大きなダイエット効果が得られる
体内の調節時間によってわかる、適切な食事の摂り方
感情の起伏を食事で抑えて、ダイエットを確実に成功させる
甘い物を食べることで、人体は確実にむしばまれる
ダイエット中に摂取したい甘い物:エリスリトール
ダイエット中は低炭水化物食品にも気を付ける
栄養素の比率計算法とあなたが摂取すべき食品
最高の栄養素である「ケトン体」を理解する
本当に脂質、コレステロールは悪い物質かを検討する
炭水化物を摂取しすぎると運動パフォーマンスが低下する
健康的に痩せるためのグルテンフリー食事法の具体例
甘い物を食べながら、ダイエットや健康体を実現する具体的手法
グルテンフリー食事法により、脂肪の生成が抑えられる理由
小麦グルテンがやめられない理由と対処法
小麦グルテンをやめると、全ての症状と栄養吸収低下を抑えることができる
コンビニ、スーパーでグルテンフリーを行う方法

サイトマップ
HOME