足の向きに左右差が生じると、「膝」「腰」を痛める

現代人にとって「腰痛」は万病のひとつであるといわれています。そのため、腰痛の起こる原因を理解することは大切です。

 

その中で普段立っているときの「足の向き」が重要です。実は、足先の向きは、姿勢全体に影響を与えます。足の向き方に左右差が生じていると、結果として腰痛や膝痛につながる恐れがあります。

 

今回は、足の向きが与える「腰の痛み」の原因と対策法を解説していきます。

 

 足の向きは左右差がないのが理想である
普段、背骨や股関節など、体のどこにも歪みがない場合は、足の向き方に左右差が生じません。しかし、普段の生活で歪んだ姿勢を取っていると、背骨や股関節にねじれが生じます。そのため、立ったときの理想の足の向きを理解しておくことは大切です。

 

理想として、足の向きは「左右差がなくて60度に踏み開いている」のが理想です。そして、現代人はこの足の角度が60度より狭くなっていることが多いです。

 

例えば、下の写真を見ると、寝ているときの両足の向きが異なります。つまり、足の向きに左右差が生じているといえます。

 

 

 

このように左右に差が出てしまう理由として、「太ももが内向きに向いているから」と考えられます。太ももが内側に向くことで、方側の足が開きにくくなります。

 

 

 

もし、片側の太ももが内側に向いてしまうと、骨盤の左右の高さも変わります。右太ももが内側に向くと、骨盤は左側が低くなります。すると、左右差が生じます。

 

もし、骨盤が左側に倒れてしまうと、身体の左右のバランスがとれなくなってしまいます。すると、背骨が右側に倒れようします。

 

 

 

これによって、背骨にねじれが生じると、腰部に位置する神経が圧迫されます。具体的には倒れている側の「腰椎2,3番目」の神経が圧迫されます。これにより、片側の腰、膝に痛みが生じます。

 

 

 

もし、足の向きに左右差が生じなければ、骨盤が片側にずれることがありません。つまり、背骨のねじれもなければ、背骨周りの神経も圧迫されません。しかし、左右のどちらかに骨盤がずれると、背骨がねじれ、神経が圧迫されます。
 
 内側に向いた太ももを正すには
そのため、足の向きに左右差が生じている場合、正しい向きに正す必要があります。そのためには、股関節周りの筋肉に注目する必要があります。その中で、簡単にできる方法として「筋トレ」があります。

 

具体的には、足が内側に向いている場合、太ももを外側に向ける筋肉を鍛える必要があります。具体的には「お尻を締める筋肉」です。

 

お尻を締める筋肉を鍛えるために、簡単な方法があります。まず、片足立ちになり、どちらかの足を上げます。次に、上げた脚を軽く曲げて足首をもう片方の膝の裏につけてください。

 

この姿勢になって、お尻を触るとお尻周りが固くなっているのがわかります。このように、お尻を締める筋肉を鍛えることで、足の向きを調整することができます。できれば、より足が内側に向いている方を多めに行うようにしましょう。

 

このように、足の向きに左右差が生じると、背骨のねじれが生じます。それによって、背骨に位置する神経が圧迫されて腰や膝が痛みます。このことを理解し、必要な筋肉を鍛えることで、普段から背骨にねじれのない姿勢を取るようにしましょう。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME