腰の痛みを直すのに「水」の摂取が欠かせない理由

 

 

現代社会では、腰痛に悩まされている方が多くいます。あるデータによると、日本全体の8割以上の人が、生きているうちに肩こりや腰痛を一度は患うといわれているくらい、多い症状です。

 

その中で、腰痛にはさまざまな原因がありますが、痛くなったりだるくなるのには共通したメカニズムがあります。それは、腰回りの筋肉の血流低下です。

 

もし、腰の筋肉の血流が低下すると、血液内の酸素が不足してしまいます。それに加え、血管内に老廃物が生じたときに排泄することができません。これらの機能が働かなくなったときに、腰痛や肩こりの症状が起こります。

 

そのため、腰痛を直すために、血液の流れを改善する必要があります。ただ、マッサージや指圧を行う必要はなく、意外な方法で速く肩の痛みを改善する手法が世の中に存在します。ここでは、その手法について詳しく述べていきます。

 

水を摂取することで、腰痛を直す

筋肉に疲労や血流低下が生じると、酸素などの必要な栄養が足りなくなってしまいます。そして、酸素などの栄養素が足りていない部位に対して筋肉に痛み物質が発生します。これによって、筋肉に栄養が足りていないことを知らせようとします。

 

さらに、腰の筋肉にストレスや負荷がかかると、血管内に乳酸が蓄積されます。乳酸が貯まることで筋肉の収縮がしずらくなってしまい、結果として血流の障害や筋肉の緊張を引き起こしてしまいます。

 

このように、血液内の血流と痛みには関係性があることがわかります。そこで、血流を改善することで、痛み物質を排泄し、筋肉の収縮がしやすくなります。このときに必要な物質となるのは水です。人は水を摂取することで、血液の循環を改善できることがわかっています。

 

人の体は70%が水でできています。その上、血液の90%は水でできています。そのため、体外から水を摂取することで、乳酸などの老廃物を排泄することができます。

 

腰痛にオススメの水

では、次に肩凝りにオススメの水は何があるでしょうか?実は肩凝りの原因である血流低下を改善するために効果的な水があります。それは「生体水」です。

 

生体水とは、通常のミネラルウォーター(ふつうの水)より「一つひとつの粒子が微細である」「粒子一つひとつに栄養素を運ぶためのエネルギーを持つ」特徴があります。

 

粒子が微細なために、身体の細部まで栄養素を送り届けることができます。さらに、一つひとつが栄養素を運搬するエネルギーを持つため、細胞内に確実に栄養を送ることができます。これらの特徴によって、栄養素をどのような場所でも確実に運ぶことができます。ふつうの水の場合、これらの性質がないために栄養運搬の役割を果たすことができません。

 

この水を摂取することで、血流に必要な栄養素が運ばれやすくなり、老廃物の排泄や傷ついた組織の修復がスムーズに行われるようになります。

 

筋肉に疲労や負担がかかったとき、血液内には栄養素が必要な物質が集まり、血流改善や細胞修復を行おうとします。この際に必要となる物質は「ヘモグロビン」や「アミノ酸」です。これらの物質は筋肉の血管の中で、特に栄養素が必要な部位に集まり、その部位の回復に使われます。

 

ただ、腰痛の症状の場合は、血管内の水の質が悪いために、適切な栄養素が運ばれなくなります。そのため、血流改善や栄養素の運搬が行われないために、結果として肩こり症状の改善につながりません。

 

そこで、生体水を摂取するようにします。つまり、生体水を外から摂取して、血管内にある水を微細な粒子に満たし、と「栄養素が運ばれやすい」状況を作ります。これにより、血液内に栄養物が運ばれやすくなり、血流改善や細胞修復が行われるようになります。

 

この思考は、肩こりの場合でも同様です。肩こり場合は、肩周りにある筋肉の血流を改善することで解消につなげられます。そこで、生体水を摂取し、腰周りの血流の滞った状態を栄養素が運ばれやすい環境を作ります。この原理により、確実に血流改善ができ、筋肉の痛み解消につながります。

 

以上のように、水の摂取は腰痛や肩こりなど、普段あなたが悩んでいる症状の改善にも役立ちます。さらに、摂取する水を正確に選択することで、その効果は格段に上がります。

 


健康体をサポートするオススメの水

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME