朝の目覚めをよくする具体的な栄養摂取法

仕事を続けていると、ストレスと疲れが積み重なり、体調がすぐれなくなります。そこで、睡眠をとって身体の休めることは大切です。しかし、姿勢のゆがみや筋肉の凝りが積み重なると、睡眠不足に陥るときがあります。

 

睡眠不足に陥ると、朝なかなか起きれなくなったり、寝つけにくくなったりします。すると、だるさや疲れが慢性化し、日々の生活に影響が出てしまいます。特に、年齢を重ねにつれて、睡眠不足に陥りやすくなるため、気をつけなければいけません。

 

ただ、朝の目覚めや睡眠不足を解消するために、「栄養」が大切なのはご存知でしょうか?実は、睡眠不足の原因は神経学的にわかっており、その原因を栄養で解消できます。日々のストレスによって、神経が休まることがなく、過敏になってしまったことで、睡眠不足に陥ります。その状態を、適切な栄養素を摂ることで解消することができます。

 

そこで、今回は過緊張に陥った神経を解消する食事法について解説していきます。

 

 朝の目覚めが悪くなってしまう理由

朝の目覚めを良くするためには、一日において働く神経を理解する必要があります。その活動する神経は2種類存在します。

 

人の背骨には自律神経と呼ばれる神経があります。この神経は、血糖、血圧、呼吸機能を調節する神経です。自律神経の血管を細くする神経が交換神経であり、拡張するのが副交感神経といいます。

 

2つの神経が体内が興奮、安静時にそれぞれ働きます。体を興奮させる「交感神経」と、逆にリラックスさせる「副交感神経」の2つがあります。この2つの神経は総半する作用を持ち、バランスを取りながら働いています。

 

まず、起床後から、活動している夕方までは交感神経が優位に活動します。そして、夕方から夜中にかけては副交感神経の働きが活発になります。このような自律神経のリズムによって、「朝起きて、夜寝る」という生活が作られます。

 

つまり、朝は交感神経の活動が高まり、全身に体液がおおく流れます。すると、目が覚めて体を動かしやすくなります。しかし、朝に交感神経が適切に働かないと、起床時に身体の不調が生じやすくなります。

 

そして、自律神経は睡眠や運動、食事のリズムによって働きに変化が起こります。もし、決まった時間に起床と就寝をし、適度に運動を行い、適切な食事を摂れば、自律神経の働きは安定化します。もしも、この働きのバランスを崩すと、適切な時間に2つの神経が働かなくなります。その結果、朝の目覚めに影響を与えます。

 

睡眠不足解消に「規則正しい生活が大切」といわれる理由はここにあります。規則正しい生活を行うことで、朝に交感神経が活発に働き、夜に副交感神経が働くようにサイクルを作るのです。このため、睡眠不足の原因には、運動だけでなく、睡眠のタイミングや栄養などが関係していることがわかります。

 

睡眠不足解消には「副腎ホルモン」が関係している

そして、睡眠不足の原因を分析すると、朝が起きにくい原因が他にもあることがわかります。その一つに副腎ホルモンが挙げられます

 

副腎ホルモンが発生すると朝の目覚めが良くなる

副腎ホルモンには、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどのホルモンなどがあります。これらの物質が放出されると、身体のストレスに対抗そ。体の働きを活発にすることができます。そして、副腎ホルモンは朝に分泌されると、体を起こすように促します。

 

そして、現代人は仕事や人間関係によって、過度にストレスがかかっているため、副腎ホルモンが過剰に分泌されます。そして、朝起きられない人の原因として、副腎ホルモンの分泌が低下していることが挙げられます。そして、副腎ホルモンの分泌低下によって、自律神経の働きのバランスが崩れます。

 

そこで、副腎ホルモンを必要量放出することで、朝に強い身体を作ることができます。

 

副腎ホルモンを増やす栄養素として、重要なものが「コレステロール」です。この理由として、コレステロールを材料にプログレネロンというホルモンを造るからです。その他に、副腎ホルモンを合成するために必要な物質として、以下のものがあります。

 

・ タンパク質、脂質
・ でんぷん質の炭水化物(全粒粉)
・ ナトリウムの多い野菜(昆布、オリーブの実、階層、セロリ)
・ ビタミンB、C、E、
・ 必須脂肪酸など

 

こうした物質を生産することで、食事によって副腎ホルモンの分泌が向上します。

 

まとめ

以上の内容をまとめます

 

・ 自律神経の働きが乱れると、睡眠不足になります
・ 自律ホルモンの働きを調整する物質として、「副腎ホルモン」があります
・ 副腎ホルモンを生産する材料として大切な物質が「コレステロール」である

 

朝の不調は、自律神経の乱れによって起こります。具体的に、朝起きたときに交感神経が適切に働かないことによって不調が生じます。そこで、副腎ホルモンを増やすことで、睡眠不足を解消するようにしましょう。具体的な栄養素を摂取するようにし、副腎ホルモンに必要な材料を増やしていってください。


//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論


サイトマップ
HOME