ダイエット中に摂取したい甘い物:エリスリトール

どのようなダイエット方法であっても、食事法を改善することは必須です。ある、情報では、「ダイエットは食事が9割」といわれるほど、体型を変えるためには必要な要素といえます。

 

そのうえで、有名なダイエット法として、「糖質制限ダイエット」があります。このダイエット法は糖質の摂取量を少なくすることで、体内で作られる脂肪量を減らすダイエット法です。ただ、このダイエットの欠点としては、「甘い物を極度に減らさないといけない」ことが挙げられます。

 

ダイエット中、甘いものを制限することはとても困難です。集中できなくなったり、イライラしやすくなったりして、つい甘い物を食べてしまいます。こうした事態を防ぐために、ダイエット中に摂取すべき甘いものを知っておくことは大切です。

 

甘い物を適度に摂りながら続けていけば、継続的にダイエットに必要な食事法を続けていくことができます。そこで、今回はダイエット中に摂取すべき甘い物について解説していきます。

 

甘い物を欲しがる理由

まず、人が甘い物を欲しがってしまう理由について解説していきます。この原因として「副腎の疲労」と「低血糖」が挙げられます。

 

この二つの内容は、現代人にほとんど当てはまる症状です。体型がやせている人であっても、「疲れやすい」「関節が痛む」といった症状を抱えています。こうした状態も甘い物を欲しがることから、原因が出ているので、理解するようにしてください。

 

副腎疲労によって、甘い物を欲しがる

人は、肋骨下部の少し下に副腎と言われる器官があります。この器官は緊急時やストレスを感じたときに、ホルモンを放出し、精神状態を安定化させる作用があります。しかし、生活におけるストレスが常にかかり、過剰な脳からの命令によって、副腎が疲労してしまいます。

 

すると、脳内がストレスに対応できなくなります。この状況を解消するために、糖質を摂取したくなります。ここで、つい手が伸びてしまうと、甘いものが結局やめられなくなります。

 

低血糖によって、甘い物を欲しがる

次によくある甘い物を欲しがる理由として、「低血糖」が考えられます。これは、血液中の糖質の量が異常に下がった状態を指します。

 

糖質を摂取すると、過剰に血糖値が上がるため、血糖値を調節しようと、膵臓からインスリンホルモンが放出されます。すると、血糖値が異常に下がり、低血糖の状態になります。低血糖状態は、生物的に空腹で栄養分が足りない危機的状態と同じになるため、栄養分を欲しがるようになります。これによって、甘い物を食べたくなります。

 

このような理由によって、人は甘い物をやめられなくなります。続けていけば、生活習慣の乱れや肥満の大きな原因となります。健康のために、甘い物をやめるようにしましょう。

 

エリスリトールを摂取する

チョコレートやごはんなど、普段私たちが摂取している糖質は血糖値が上がりやすい食品といえます。そこで、甘い物を摂取したくなったら、血糖値が上がりにくい食品を摂取するようにします。これによって、急な血糖値の上昇を抑えることができます。

 

ダイエットを含め、食事を変える本質的理由はインスリンホルモンを必要以上に出さないことです。インスリンは、通常、糖質をグリコーゲンと呼ばれるエネルギーを貯蔵するための物質に変換するのが目的です。しかし、副作用として、糖質を脂肪細胞に変換してしまう作用もあります。この作用を減らすことで、甘い物を摂取しつつダイエットを続けることができます。

 

そこで、大切となるのが「エリスリトール」です。エリスリトールとは、糖アルコールのことで、血糖値が上がりにくい性質を持っています。同じ仲間として、マルチトールがあり、具体例としては、バナナやリンゴなどが挙げられます。

 

エリスリトールが血糖値を異常に増殖させない理由

ただ、多くの人は「なぜ、甘い物なのに血糖値が上がらないのか?と感じます。そこで、エリスリトールの特徴について解説していきます。

 

まず、チョコレートやごはんなどの糖質を摂取すると、消化・分解されて単糖になります。これは、糖質という塊が分解されて、一つ一つ単分子になった状態を指します。これらが小腸から吸収されると、血液中に入り、血糖値が上昇します。これは、砂糖などのブドウ糖を摂取した際に起こる体の反応です。

 

では、エリスリトールの場合、どのように吸収されていくのでしょうか?ここで、エリスリトールの特徴として、糖同市の結びつきが強いことが挙げられます。つまり、通常であれば、消化・分解において単分子まで分けられる糖質が分かれないのです。すると、小腸内で吸収されないため、血糖値がそこまで上がらないのです。

 

吸収されなかった糖質は、大腸に運ばれて一部は吸収されます。ただ、大部分が便となって体外に出てしまいます。つまり、甘味がありながら、血糖値が上昇しないため、

 

歯の歯周病予防として知られるキシリトールも小腸で吸収されにくい物質です。キシリトール配合のガムのパッケージを見てみると、「食べすぎた場合は、便がゆるくなることがあります」と書かれています。この理由として、小腸から吸収されずに大腸にまでキシリトールが達して、便として体外に排出しようという反応が強くですぎるからです。

 

甘い物を摂取する際の注意点

以上の内容をまとめると、ダイエットを心がけている人や、健康体を構築したいと考えている場合、エリスリトールやマルチトールなどの糖アルコールを積極的に摂取するようにしましょう。実際に、私はほぼ毎日、甘い物を欲するときはバナナやリンゴを食べて暮らしています。そのおかげで、チョコレートやごはんを異常に食べなくなりました。

 

日本人の食生活として、一日に三回の食事の中に、ごはんが必ず含まれます。さらに、間食も食べるため、一日の内、三回以上高血糖状態になってインスリンホルモンんが出ます。その低血糖を回避するために、副腎でホルモンが合成されます。

 

しかし、膵臓や副腎が疲弊してくると、糖質を食べて低血糖状態を回避しようとします。すると、なかなか糖質をやめることができません。過剰な糖質摂取は内臓を疲弊させる要因であり、ダイエット効果を阻害するものです。このことを理解し、明日から血糖値が急上昇する甘い物を控えるようにしてください。

//

無料メールマガジン:健康理論

セミナー開催:健康理論

関連ページ

ダイエットを成功させるのに注意すべきこと
施設や便利器具を使うほど、ダイエットに成功できなくなる
ダイエット成功に必須な「カロリー計算」の概念
ダイエットを効率よく行うトレーニングの選択法
ダイエット効果の高い「ランニング」で実践すべき3つのこと
姿勢改善、ダイエット効果が上がる「ドローイン」を実践する
ダイエット効果を何十倍に高める武道の考え方
あなたのダイエットがうまくいかない訳:睡眠を見直す
あなたのダイエットがうまくいかない訳:食事を見直す
食欲、脂肪生成を根本から抑える姿勢改善法
初心者でできるプールによるエクササイズまとめ
ダイエット効果をさらに高めるプールでの工夫術:軸を固める
ダイエット効果を引き出すロードバイクトレーニング法:急制動動作
ダイエットの成功率を高める「遅れの法則」について理解する
糖質制限ダイエットの唯一の欠陥
ダイエットにおいてサプリメントを摂取するデメリット
健康的にダイエットするには「小麦グルテン」をやめる
グルテンフリー食事法とはどのようなものか
グルテンフリーにより、自分の取るべき食品がわかる
食事中に、「心を落ち着ける」ことで、大きなダイエット効果が得られる
体内の調節時間によってわかる、適切な食事の摂り方
感情の起伏を食事で抑えて、ダイエットを確実に成功させる
甘い物を食べることで、人体は確実にむしばまれる
ダイエット中は低炭水化物食品にも気を付ける
栄養素の比率計算法とあなたが摂取すべき食品
最高の栄養素である「ケトン体」を理解する
本当に脂質、コレステロールは悪い物質かを検討する
炭水化物を摂取しすぎると運動パフォーマンスが低下する
健康的に痩せるためのグルテンフリー食事法の具体例
甘い物を食べながら、ダイエットや健康体を実現する具体的手法
グルテンフリー食事法により、脂肪の生成が抑えられる理由
小麦グルテンがやめられない理由と対処法
小麦グルテンをやめると、全ての症状と栄養吸収低下を抑えることができる
コンビニ、スーパーでグルテンフリーを行う方法

サイトマップ
HOME